自己PRその2・汗っかき採用

 今日神田ビジネスセンターって場所で面接だったんですけど、神田に神田ビジネスセンターって3つあるんですね。その8階って言われてたんですが、僕の行った神田ビジネスセンターは見たところ4階までしかなくて、あれー?って。

調べたら駅を挟んで真裏の神田ビジネスセンターだったみたいで、本気ダッシュするはめになりました。たぶんその時「もう就活はこりごりだ~!」ってなってたと思う。アニメの終わりみたいに黒の丸抜きで「もう就活はこりごりだ~!」ってなってた。

 

一応ギリギリぐらいに到着して、そのまま汗だくで面接にとおされました。面接自体はとどこおりなく済んだんですが、面接官にめっちゃ汗っかきだと思われたかもしれません。記述欄に『めっちゃ汗っかき(笑)ウケる』って書かれたかもしれない。やだ、超ハズかしい。

でも汗っかき採用あるかもしれないし。会社を引っ張ってた汗っかきの人が数人退職して、「今年は汗っかきをメイン採らなきゃいけませんねー」っていう会議が行われてるかもしれない。そんななか面接に私が現れたとすれば、ドアを開けた瞬間からスローモーションで映るよね。(汗っかきだーーーーー!!!!)ってなる。その場で採用ってもんです。

 

そんで入社したはいいものの、その会社は襟が黄色くなってる社員ほど評価されて、偉い人は「もともとそういう色ですか?」ってぐらいベージュに染まった白シャツを着てて不安を覚える。果ては社用車が汗血馬で絶望する。

それでもだんだん慣れてきて、「俺も先輩みたいに汗かきたいっすわー」って飲みの席で言ったら、「おまえも頑張れば俺みたいに、日に5ガロンぐらいだせるようになるよ」って言ってくれたんだけど、帰って調べたら5ガロンが19Lだってことを知って会社を辞める。

 

汗っかきバルザック

f:id:mutekiinc:20130410013137j:plain