読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己PRその16・学生時代にやってきたこと


学生時代にやってきたこと。これは就活をしていればホントによく聞かれる質問です。

 

大学生は時間があり余ってますから、サークルしたり、バイトしたり、インド行ったり、恋したり、恋破れたり、そこにつけ込まれたり、そのまま流れでしちゃったり、でも体は許しても心までは許してないんだから!!という具合にいろいろなことが体験できます。逆に、何もしないでも4年間は平等に過ぎますので、その人がどんな学生生活を送ったかは、その人がどんな人かを知ることにつながるんだそうです。

 


そんなわたしが大学生活でやってきたことは主に、バイクと野宿。

長期休暇を利用してバイクで日本1周とオーストラリア縦断をしました。

 

 

大学に入って一年間サークルもバイトもしていなかったので、「なんかしないと就活がやべえ!」と思い、とりあえず原付で大阪行くか、と考えたのがはじまりです。結果、就活はうまくいっていないのがポイントです。

 

そして2年次の夏休みに2週間かけて野宿で神奈川~大阪間を往復しました。ここで日本を観てまわることと、いろんな人と会うことの楽しみを覚え、2年次の春休みには神奈川から沖縄、3年次の夏休みに神奈川から北海道を往復しました。そのあいだはほとんどテントを張っての野宿です。雪の降るなかで野宿したりもしました。まじで寝られたもんじゃありません。

 

野宿の図

 

f:id:mutekiinc:20120301220402j:plain

f:id:mutekiinc:20130429030925g:plain

 


これはコケた記念に撮った写真ですが、周りに雪が積もっているのがわかります。

 

f:id:mutekiinc:20120211082943j:plain

顔まっしろ。

 

 

道中、ワゴン車で生活するホームレスの方と鍋をしたり、自称社長とか大学教授とか小学校教師、あした結婚するって人や背中いっぱいに入れ墨してる人、定年退職したおじさんなど、普段話す機会のないような人とたくさん話すことができました。ホームレスの方の車内で細い包丁が出た時は「あ、やべえ殺される」と思いましたが、普通にネギ切るためでした。半泣きです。

 

 

f:id:mutekiinc:20120815112305j:plain

f:id:mutekiinc:20120229122748j:plain


そうしていろいろな人と出会いながら、日本三景や世界遺産をはじめとした日本中の観光地を訪ね、おいしいものを食べて47都道府県を回りました。日本にはたくさんおいしいものがありますが、わたしのなかでは長崎ちゃんぽんと浜松ギョウザが2トップ。ホントおいしかった。

 


あと、以前「加藤鷹に似ていると言われたことがある」と書きましたが、それを言われたときの写真がこちらです。隣のふたりは旅先で知り合った人です。

 

f:id:mutekiinc:20130429021813g:plain

 

北海道の礼文島という離島に2週間ほど滞在していたときに言われました。

 

f:id:mutekiinc:20130429022355g:plain

 

確かにちょっと似ていると思います。

 

 

 

バイクで日本1周をして「次は海外だ!ウヒョヒョ!」っていうことで、今年の2月にバイクでオーストラリア縦断をしました。まわりが就活でひーこらしているというのに。未だに内定がもらえないのは、そこらへんナメくさった行動をしていたせいかもしれません。すごいシンプルな自業自得。

 

シドニーからダーウィンまで、10日間で4000kmを駆け抜けました。オーストラリアはつきぬけるような青空で、とにかくだだっぴろいです。200km直線の道とかがザラなんですが、最初は楽しくてもすぐに飽きます。

 

f:id:mutekiinc:20130203105149j:plain

 

f:id:mutekiinc:20130205103205j:plain

こんなんが延々つづく

 

 

ただ、あんまりボーっとしてるとカンガルー轢いちゃいます。冗談じゃなくて、ホントに。


あいつら「すいません、ちょっと急いでるんで」って道路に突っ込んできます。カンガルーだけじゃなく、エミュー、ひつじ、イグアナ、果てはウシなど、マリオカートみたいなペースで障害物が出てくるのがオーストラリアンスタイルです。ぶつかったら一発で廃車モンですので笑えません。

 

 

f:id:mutekiinc:20130429022407g:plain

宿泊は案の定テントでした。オーストラリアは野宿が違法なのでキャンプ場に泊まります。しかし日中40℃オーバーですので、今度は死ぬほど暑い。それに加え、めちゃんこつおいアリがいます。イメージ的には日本のアリが鈴木福くんだとしたら、あっちのは三島由紀夫。噛まれるととにかく痛い。ホントに痛い。そいつらと格闘しながら寝て、朝起きると、食パンとサラミに三島由紀夫が群がってます。ムカついたんで由紀夫ごと食いました。あの瞬間が人生で一番ワイルドだったと思います。

 

英語がまったく話せないので苦労しましたが、アボリジニと雰囲気でコミュニケーションとったり、しらないニュージーランド人に空港まで乗せてもらったり、案外なんとかなりました。ただ、人生においてホントに『I can't speak English.』という教科書みたいな文章を使うとは思いませんでした。30回ぐらい使った。それでも対応してくれるオーストラリアの人はやさしいです。

 

f:id:mutekiinc:20130208104849j:plain

 


そんなこんなでオーストラリア縦断して、帰国し、就活して、うまくいかず、いまに至るといった感じです。果てはこんなブログ開設してしまいました。

 

 


ほかにも2年間商店街の活性化のインターンに取り組んだりもしました。そのこともまた改めて書きたいと思います。