自己PRその21・石川啄木のお悩み相談室

 

石川啄木のお悩み相談室

 

f:id:mutekiinc:20130510025705j:plain

 

f:id:mutekiinc:20130510025746j:plain

石川啄木・・・みんなだいすき岩手のベイビーフェイス。けっこうモテるし、人にも好かれるタイプ。与謝野鉄幹・晶子夫妻には気に入られてたし、金田一京助にも面倒をみてもらってた。そんな金田一から金をたかってはソープに行っていたほどの女好き。そういう目で見るとけっこうしょうもなく感じるから、教科書にめっちゃ落書きしてやったらいいよ。

 

 

 

f:id:mutekiinc:20130510025850j:plain


啄木さん、就活がうまくいかないんですが。


「世わたりの 拙きことを ひそかにも 誇りとしたる 我にやはあらぬ」


なるほど、「就活がうまくいかない」連呼するのには、「そんな自分がそれほど嫌いではない、むしろ少し誇りに思ってさえいる」といった傲慢さが隠れているということですね。自分でも気がつかないような心の奥底を見透かされているようで、とても恥ずかしい気持ちです。

 

しかし、実際就活を成功させるにはどうしたらよいのでしょうか。


「高きより 飛びおりるごとき 心もて この一生を 終るすべなきか」


高いところから飛び降りるときの緊張と決断力を維持したまま人生を歩んでみたいという願望と、その難しさを表現した歌を通して、望んだとおりの生き方などできないことを私に説いてくださったのですね。就活がうまくいかずとも、人生はつづいていく。解決になっているようで、なっていない気がしますが、それはこの歌を選んだ私のさじ加減なので文句のぶつけようがありません。

 

 

 

つらい思い出を忘れるにはどうしたらよいのでしょうか。


「よごれたる 足袋(たび)穿く時の 気味わるき 思ひに似たる 思出もあり」


啄木さんも含めて、そういったものは誰しもが持つのだから気にすることはないといったことでしょうか。『思い出』という実体の無い対象を、「濡れたり汚れたりした靴下をはくときの気持ちの悪さ」というだれしもが身に覚えのある、想起しやすい表現で捕まえて、短歌として仕上げる。死後100年経過した現代でも作品が輝きを失わないのは、この技巧があってのことなのですね。そりゃモテますわ。

 

 

 

啄木さん、毎日ブログ書くのけっこうしんどいんですが。


「浅草の 凌雲閣の いただきに 腕組し日の 長き日記(にき)かな」


おなじような毎日を過ごすのでなく、いろんな場所にいったり特別な経験をすることでブログがすらすら書けるようになるということですね。関係をもった女性についての記載を妻に読まれないように、ローマ字で日記に書いていた啄木さんの言葉には含蓄があります。人としてどうなんですか。おい。

 

 

 

石川さん、将来に対し不安を覚え眠れなくなることがあるのですが。


「目をとぢて 口笛かすかに 吹きてみぬ 寝られぬ夜の 窓にもたれて」


寝られない夜は寝ずともよい、それを楽しむといった解決もあるということでしょうか。明るくも、どことなく悲しげな憧憬が浮かびます。なんとも妙趣にあふれる一首ですが、こういうおしゃれな歌がモテるんでしょうか。背が低くて、おでこ広くても、カラオケ超うまかったらカッコいいですもんね。現代における『Tomorrow  never  knows』すげーうまいみたいなことでしょ?果てしない闇の向こうに手を伸ばすんでしょ?

 

そんなモテモテの石川さん、どうしたら女性と上手におしゃべりできるようになりますか?

 

f:id:mutekiinc:20130510025746j:plain

 

f:id:mutekiinc:20130510025759j:plain


「ソープに行け」

 


北方謙三の『試みの地平線』だー!!

 

 

 

 

・   ・   ・

 

 


そんな北方謙三botが最高に面白いのでご紹介しておきます。


https://twitter.com/kitakata_kenzo

 

若者向けの情報誌『ホットドックプレス』にてハードボイルド人生相談「試みの地平線」を1986年から2002年まで長期に渡って連載していた。北方の「ソープに行け」などの名文句が男性読者の人気を集め、「毎回『ソープに行け』と言っている」かのような印象をもたれていた(wikipediaより)