読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カフェインレスコーヒー

 

 

ブログ書くのたのし~!!

 

ブログ書くのめっちゃたのしいね。

こんなにたのしいのって久しぶりだよ。現実は窮屈でままならないけどさ、こうやって筆を走らせるのってとっても自由だね。おれ忘れてたよ。ブログは友達、キミの心に大きな翼を与えてくれる、とっても素敵な存在さ。そして住民税は敵。首魁。デスピサロ

 

就活がぜんぜんうまくいってなくて、そのはけ口として開設されたこのムテキインク。そしてそれから数年後こうして再開してしまったのは、やっぱりおれの人生がうまくいってないからなのかな?というかそうだ。おれの人生がうまくいってないからだ。心に溜まるストレスが、発散されるべき場所を求めている。そこで生まれたのがムテキインクだ。なんてこった、こんなに悲しいさだめを背負ったブログだったとは。

 

でもムテキインクがブログでよかった。もしムテキインクがずっとおれに片思いしている女の子とかだったら、おれがクレジットカードの審査に落ちたときとか、とにかく社会に対してむしゃくしゃしたときすぐに電話でムテキイン子を呼び出す。そして前戯もほどほどに乱暴に抱いていたかもしれない、おれの歪んだリビドーを吐きだすためだけの対象だったかもしれない。そんなことをしても、苦しみは癒えないことはわかっているのに・・・。

抱かれたあと、すこしかなしそうに微笑むムテキイン子。その姿に、鏡映しの自分を見るようで、理不尽だと頭では分かっているが激烈な怒りを覚えるおれ。「帰れ!!!」意図していたよりもずっと大きな声を出してしまう。すまない、すまない、心のなかでそう唱えるが、その気持ちのとおりに体が動かない。「うん、ごめんね。ありがとう。」そういってムテキイン子は床に力なく落ちている下着に拾い、帰り支度を始める。こんなひどい仕打ちをしてもまだおれに愛想を尽かさないこいつがなぜだかひどく憎く思えてきて、机の上にあったマグカップを彼女の頭の上に金槌のように振り下ろ

 

 

とまあ、こんな風になってしまうのは容易に想像できます。

ムテキインクがブログでよかった。ブログはおれの思いのまま。とってもフリーダム。そして車輌税は巨悪。災厄。騎士団長殺し。

 

ストレスが溜まってるのかおなかの調子も悪くて、あんまりカフェインとかの刺激物がとれなくなってきたんですよ。そこで最近カフェインレスコーヒーってを飲み始めたんですけど、これがまあしょ~~~もない代物なんですわ。ほんとにしょうもない。

 

カフェインレスコーヒーってのは、コーヒーを製造する際に水やら二酸化炭素やらでカフェインを抽出除去してしまうことで、カフェインを飲みづらい妊婦さんとか寝る前でも楽しめるコーヒーってのが売りの代物です。なので味はまあ、コーヒーかな?っていう。娘を誘拐された状況で、その犯人から「これはコーヒーだな?」って問われたのであれば、「・・・コーヒーです」って言うだろうな、ぐらいはコーヒーなんですけど、コーヒーにとって大切なコクとか深みとかが一切存在しない。階段もう一段あると思ったらなかった、初めて飲んだときの衝撃はそういった表現が近い。要はとにかく、ぜんぜんおいしくないんですよ。カフェインレスコーヒーっておまえ、よくそれでコーヒー名乗ってんな。プライドないのか。同窓会に出席して、立派に成長した地元の友達に囲まれながら「おれ?おれはいま東京でコーヒーやってんだ。」って胸張って言えんのか。グアテマラのおかあさん泣いてっぞ。なあ?

 

でも、よく考えたら、おれもこのカフェインレスコーヒーみたいなものだなって。体裁ばかりつくろって肝心の中身が伴ってない。そう思ったらなんだかとっても親近感。見栄ばっかりで空っぽのおれだけど、カフェインレスコーヒーが妊婦さんでも楽しめるように、ムテキインクもやさしい味わいのブログにしていければいいなって、そう思ったんだ。

 

へへっ、なんだか柄でもねえこと言っちまったな。

ま、上手くまとまったとこでムテキインクまた次回!!!

 

 

 

これほんとに上手くまとまってますか???

大丈夫ですか?ほんとに?そうですか、よかった・・・。