無職になったので慰めてもらいたい

 

f:id:mutekiinc:20170323155153j:plain

 

こんにちは、藤原です。

 

先週から無職になりました。

 

今回の大筋とは関係ないので詳しいことは割愛しますが、とにかくヤバい会社だったので入社して一週間で辞めました。

 

これは転職のため、勉強のためといった戦略的無職ではなく、加不足なくありのままに無職。将来のこととかお金のこと、そういったネガティブなことばかりが心に浮かび、なにをやっても楽しくない、ごはんを食べてもおいしくない。いつまでもくよくよしていてはしょうがないのですが、そう簡単に切り替えられるものでもありません。

 

f:id:mutekiinc:20170323155205j:plain

 

これからわたしはどうしたらよいのでしょうか?

考えれば考えるほど暗い気持ちになってゆきます。

 

はぁ…

 

だれかに慰めてもらいたい…

慰めてもらいたい…

 

みんな俺を慰めてくれ!!!!!!!

 

f:id:mutekiinc:20170321154932j:plain

  

まず最初にひとこと言わせてください。文頭に「かわいい女の子」という語があるので勘違いされている方もいるかもしれないですが、この「慰めてもらう」という言葉は「抜いてもらう」を奥ゆかしく表現しているわけではないので注意してください。はじめてご覧になる方が多いと思うので一応最初に断っておきますが、ここは無職が運営するピンサロレビューブログじゃないです。すみません、期待させるようなことして。

 

f:id:mutekiinc:20170323155211j:plain

 

今回こうして「誰かに慰めてもらいたい!!」という運びとなり、まず最初に頭に浮かんだのは「女の子に慰めてもらいたいなあ」ということです(恥ずかしながらわたしは思春期まっさかりの20代後半であります!)。さらに言えばかわいい子に慰めてもらいたいというのが正直な気持ち。もしかわいい女の子に慰めてもらうことができるなら、かなしい現実(主に2年間未納の年金および来月の車検のことであります!)もきっと忘れられるハズ!!

 

 

f:id:mutekiinc:20170323155208j:plain

 

しかし!!しかし実際にかわいい女の子に慰めてもらうにはどうしたらよいのでしょうか?気持ちばかりがはやって失敗してしまうようなことがあれば、期待の大きさだけ傷つくことになってしまいかねません。ただ闇雲に外へ飛び出し、そこらへんの女子高生をつかまえて

「すみません、2万払うんで僕のこと慰めてください」

ってお願いしたとするじゃないですか。でもこの場合の「慰めてください」は「抜いてください」の奥ゆかしい表現ですからね。ここは無職が運営する援助交際ルポルタージュブログじゃないんで。再三になりますがよろしくお願いします。

 

そこでこのわたし、いい案を考えました。

 

f:id:mutekiinc:20170321133651j:plain

 

スタバの店員さんにおねがいして、カップに慰めの言葉をいただこう

 

多くの方が知っている通り、スタバではコーヒー買う際にカップにメッセージをもらえることがあるんです。よくあるものだと☆HAPPY DAY☆とかThank You❤みたいな、そういうかわいらしいメッセージでちょっとほっこりさせてくれるんですよね。だからわたしが☆JOB LOSS☆ってしまった旨を伝えればコーヒーカップに慰めの言葉をいただけるのではないでしょうか!?

 

さらに加えるとスタバの店員さんはみんなかわいい(ハロワの職員さんも負けていませんが…)。これはまさに妙案!!お題目をクリアしつつも現実的。さすが家族の反対を押し切ってまでも進研ゼミ小学講座を購読していただけのことはあります。お元気ですか赤ペン先生、ぼくはこんなに立派に成長しましたよ…。

 

つまりこういうことです。

 

『スタバの店員さんに慰めてもらおう』

①まずスタバでコーヒーを注文する。

②無職になった旨を伝え、カップに慰めの言葉を書いてもらうよう店員さんにお願いする。

③慰めの言葉が書かれたコーヒーをもらう

④キミの笑顔がなによりの失業保険だよ(照)

 

 

f:id:mutekiinc:20170323155800j:plain

 

ということで近くのスタバにやってきました。

さっそく慰めにもらいに行ってきます!!

 

f:id:mutekiinc:20170323155858j:plain

 

 

 

f:id:mutekiinc:20170321133835j:plain

 

 

 

f:id:mutekiinc:20170321133838j:plain

 

戻りました。

 

f:id:mutekiinc:20170321133853j:plain

 

『がんばって下さい!!Fight』

 

 

やりました。店員さんもマジでかわいかったし言うことありません。というか、本当にかわいい子に接客されるとは想定していなかったため、いざ目の当たりにした段階でハチャメチャに緊張してしまい見栄を張って飲めないブラックコーヒーを頼んでしまいました(ココアがよかったのに)。

 

ともあれ、慰めてもらうことに成功しました!

 

やった~~~~!!!やったやったやった~~~~~!!!!

 

 

 

f:id:mutekiinc:20170323154257j:plain

f:id:mutekiinc:20170323154302j:plain

f:id:mutekiinc:20170323154259j:plain

 

失敬、感情が高ぶったあまり啄木の代表歌が飛び出してしまいました。

 

自分がどうしようもなくダメな人間であるように思えてきて、それに対してまわりの友達がとても優秀で、すばらしい人間のように見える。そんなときこそ妻・節子とのささやかな、しかし幸せなひとときのありがたみを深く感じられる。そんな気持ちを表現した一首です。

なにをやってもうまくいかず、『友がみなわれよりえらく見ゆる日』、まさにいまのわたしの心境そのものです。100年以上前に詠まれたこの一首ですが、このテーマは現代でも広く通じる普遍的なものではないでしょうか。成功ばかり追い求めるとそこにあるはずのちいさな幸せを見失ってしまいがちです。しかし、そのちいさな幸せこそが最も大切なものだということを忘れずにいたいですね。

 

 

 

f:id:mutekiinc:20170321155107j:plain

 

 

さあ幸先よく質のよい慰めをいただいたところで、次は量の慰めを狙いたいと思います!!

 

しかし『たくさんの人に慰めてもらうって、いったいどうするの?』とモニターの向こうの加藤晴彦さんも疑問におもっているハズ(『どうぶつ奇想天外』毎週たのしみに観てます!!)。たしかに詳細を知らないとちょっとむずかしそうに聞こえるかもしれません。しかしあるアイテムを使うことで、だれでも簡単に慰めてもらえることができるのです!!今回は特別に、非凡な頭脳を持つこのわたし(IQ82)が発明した方法をみなさんに伝授しましょう!!

 

これです。

 

f:id:mutekiinc:20170323155203j:plain

寄せ書き

 

『あ、最近わたしも書いた!』という方も多いのではないでしょうか?卒業していく学校や職場の先輩に感謝の気持ちを込めて送る寄せ書きこのシステムを転用することで、だれでも手軽に多くのひとから慰めてもらうことができるのです!!

 

f:id:mutekiinc:20170323155059j:plain

 

ということで今回は幅広いスポーツ分野での活躍で知られる山梨学院大学にやってまいりました!!

大学生があふれるキャンパスを巡って、たくさんの人から慰めの言葉を色紙に書いてもらいましょう!!

 

 

f:id:mutekiinc:20170323155057j:plain

 

大学生が…

 

f:id:mutekiinc:20170323155054j:plain

 

あふれる…

 

あれ?だれか『どくさいスイッチ』押しました?

箱根駅伝ケニア人留学生に頼りがちな大学なんて消えちゃえ~!!(カチッ)』ってやりました?誰ですか?早大生の仕業ですか?

 

f:id:mutekiinc:20170323155052j:plain

 

f:id:mutekiinc:20170323155132j:plain

 

f:id:mutekiinc:20170323155049j:plain

 

ドラえも~~~~ん!!

オイラ反省したから許してくれよ~~~~~い!!!

 

f:id:mutekiinc:20170323155130j:plain

 

どうすんのよこれ。なんかもう、余計に悲しい気持ちになったわ。それじゃあもう、ピンサロ行く?いいじゃんいいじゃんこんなしょ~~~もないブログやめやめ!!ピンサロ嬢に慰めてもらお?きょうコスプレデーだしさ、そうしようよ。うん、そうしよ。はい!!きょうからここはピンサロレビューブログになり!!まし!!!た!!!じゃ、19時に駅前のガスト集合で!!!はい、みんな解散!!!!!!!!

 

f:id:mutekiinc:20170323155124j:plain

 

f:id:mutekiinc:20170323155121j:plain

 

f:id:mutekiinc:20170323155127j:plain

 

f:id:mutekiinc:20170323154217j:plain

 

たびたびすみません、深い悲しみにとらわれるあまり再び啄木の名首があふれてしまいました。

 

この日常のなにもかもを忘れ、服でも新調してさわやかであたらしい気持ちをもって誰も自分をしらない遠くの土地へ行ってみたい。漠然とそんなことを思ってはいるけど家族や仕事、お金のことを考えるとそんなことは夢のまた夢だ。そうして今年もいつものように過ぎていってしまった。

生きていく上でのしがらみとそのもどかしさを詠んだ歌です。人はひとりでは生きてゆけないが、ひとりでなくては思うままに生きることができない。啄木はずっと『作家として成功するという夢』と『家族を養う義務』のあいだで揺れていました。そうして26歳で夭折してしまいます。先の一首もそうでしたが、こういったジレンマは現代でもよくみられるものです。この普遍性こそが啄木の短歌がいまでも愛される理由なのかもしれませんね。

 

 

f:id:mutekiinc:20170321155226j:plain

 

さきほどは取り乱してすみませんでした。ポカリ飲んで横になったら少しずつ落ち着いてきたので続けさせてください。

 

仕事がない苦しみというのは古今東西どこにでもある話です。つまり地球の裏側の世界でも同じような悩みを持った人がいるだろうし、同じ悩みがあれば慰めてくれる人も存在しているはずです!

 

しかし海外へ行こうにも、まずパスポートを取得するのに16000円かかるんですよ。16000円っておまえ、それ快楽天ビーストなん冊買えんだっていう話じゃないですか。無職であるわたしにそんな金銭的余裕はありません。しかしいまは2017年、日本に居ながらにして国際交流ができるアプリがあるのです!!

 

f:id:mutekiinc:20170323170111j:plain

 

このTandemは言語交換を目的としたアプリで、世界中の人が利用しています。なので、このアプリで日本語を勉強している方と仲良くなり、慰めてもらおうという魂胆です。

 

 さっそく探してゆきましょう。

誰かやさしそうな人はいないかな…?

 

f:id:mutekiinc:20170323154441j:plain

 

あっ!!!

 

f:id:mutekiinc:20170323145149j:plain

 

f:id:mutekiinc:20170323154255j:plain

 

慰人(なぐさめんちゅ)…!

 

慰人もとい、やさしそうな人です。この方はどうやら台湾人のようです。

 

さっそくグーグル翻訳を駆使しつつテキストチャットをしてゆきます。 

 

 

名前は許さんというそうです。でも読み方わかんないし、彼は小学校の同級生の宮下くんに似てるので仮に宮下くんと呼びます。宮下くん本人に深い思い出はありませんが、宮下くんのお母さんはすごく若くてきれいだったんですね。放課後、宮下くん家のリビングでふたりでゾイドのゲームをやってたら、そのリビングでお母さんがいきなり赤ちゃんにおっぱいあげはじめたんですよ。そしたらもう僕はゾイドどころじゃなくてですね、股間の荷電粒子砲がヒートアップするのを感じつつ、気づかれないようにおっぱいをチラチラとガン見してたんですけど、お母さんはすぐ僕の視線に気づいて

『やだあ、藤原くんおっぱい見ちゃだぁめ!(笑)』

ってメチャエロだったんですけど、いまこの話は関係ないのでみなさんは忘れてください(僕は一生忘れません)。

 

 

 話してるうちにだんだん仲良くなれてきたので、そろそろ仕事についての話題を引き出したいところですが…

 

 

f:id:mutekiinc:20170323151556j:plainなんで日本語を勉強しはじめたんですか?

 

f:id:mutekiinc:20170323151807j:plainこれといった理由があるわけじゃないんだけど、強いて言うなら趣味としてかな。英語の勉強はむかしから楽しくて、たぶん外国語を覚えるのが好きなんだと思う。日本の漫画(特にスラムダンク)が好きだったから日本語を選んだってかんじかなあ。仕事で使うとかそういう理由ではないね。

(グーグル翻訳だけでは細かいニュアンスがわからないので意訳)

 

 

f:id:mutekiinc:20170323151556j:plain仕事はなにをしてるんですか?

 

f:id:mutekiinc:20170323151807j:plain親の会社を手伝ってるよ。将来はきっと継ぐことになるんじゃないかなあ。台湾の電車の部品を造ってる会社なんだ。あんまり楽しいとは言えないけど、それなりにがんばってやってるよ。きみはなんの仕事をしてるの?

 

きた!!

 

f:id:mutekiinc:20170323151556j:plain実は今月から無職になったんだ。社長とあんまりうまくやれなかったんだよね。これからどうしたらいいのかな?不安だよ。

 

f:id:mutekiinc:20170323151807j:plainそうなんだ。それは辛いだろうね。

ぼくの場合は小さいころから両親の会社を継ぐことが決まってて、それがとても嫌だった。自分が何が好きで何を勉強しても、結局それを活かせる仕事には就けない。かといって両親を裏切ることもしたくないし、ずっとストレスだったよ。

いまは自分も大人になったから納得はしているよ。会社をずっと守れるよう精一杯仕事に打ち込んでる。だからきみも早く精一杯打ち込める仕事に出会えるといいね。悩むヒマなんか無いぐらいにさ。ぼくは会社を選べなかったけど、きみは選べるんだ。それは幸せなことだと思うよ。

 

 

f:id:mutekiinc:20170323170639j:plain

いいやつ。宮下くんやさしい。

記事のためにやりとりしてる自分が愚かしくなってきた。

 

f:id:mutekiinc:20170323151556j:plainありがとう、なんか元気出てきたよ。日本に来たときは教えてね。いっしょに東京観光しよう。

 

f:id:mutekiinc:20170323151807j:plainははっ!それは楽しみだな~

そのときはきみもきっと良い仕事にめぐりあえてるさ。

絶対大丈夫だよ、きみと話していておれはそう思った。

 

 

ちょっとちょっと~~~!!!

好きになっちゃうじゃん。も~~~~宮下くんがわたしのバチェラージャパン!!!!!宮下くんのやさしさに、わたしの心のなかのオトナ女子(28歳・歯科衛生士・最寄り駅はセンター北)の胸も’’’きゅっ…’’’となります。

 

もしかしてこれが、運命の出会い…?

 

 

当初の目的は達したけどなんだか宮下くんとコミュニケーションをとるのが楽しくなって、それからもいろんなことを話したよ。

仕事のこと、

趣味のこと、

家族のこと、

いつもはそんなこと友達にも話したりしないのに、なんだか宮下くんといると余計なことまでしゃべっちゃうな。どうしてかな?おかしいよね、わたしたちきょう出会ったばかりなのに。なに?前世で恋人だったんじゃないかって?もう、宮下くんってほんとバカ(笑)

 

えっ

 

それってどういうこと

 

だめだよ…、あたし、あたし今日そういうつもりで来たんじゃないし…。

それに、きょうの下着かわいくないし…。。。

って違くて!(もうあたしったらなに言ってんのよ~!!)

 

…でも!

でも宮下くんとなら…、わたし………!

 

 

 

 

 

f:id:mutekiinc:20170323174103j:plain

 

f:id:mutekiinc:20170323173950j:plain

 

わたしのココロが‘’’きゅっ…’’’となってしまったゆえに恋について詠った啄木の一首が飛び出してしまいました。

 

古今東西、恋や愛について詠った短歌は数多くあります。啄木と交流の深かった与謝野晶子は、特に初期において情熱的、肉体的な恋の歌を多く詠いました。それに対しこの歌はとてもロマンチックに恋というものを表現しています。つめたい雪にほてる身体、対照となる要素をしのばせることで美しいコントラストを描いています。短歌としての技巧はさておき、すこし恋というものを美化しすぎているようにも感じられますが、垣間見れる啄木の恋愛観を通じて彼がどんな人物だったのかを空想するのもたのしいですね。よもや、この啄木の名首紹介コーナー蛇足ですか?そんなことありませんか?ここにきてちょっと自信なくなってきました。

 

 

 

 

 

(…大丈夫)

 

えっ、この声は…?

 

(大丈夫だよ、自分の書きたいものに自信を持って…)

 

この声は…啄木さん!?

 

f:id:mutekiinc:20170321123303j:plain

f:id:mutekiinc:20170323154225j:plain

(表現の翼はとてもセンシティヴなものだからね。キミが自信を失くせばかんたんに傷ついてしまう。でも翼を広げることを怖れてはいけないよ。それはキミがキミらしくあるために必要なものなのだから。大丈夫、キミは翔べるよ。さあ、勇気を出して…)

 

 

f:id:mutekiinc:20170323154139j:plain

f:id:mutekiinc:20170323154136j:plain

f:id:mutekiinc:20170323154226j:plain

f:id:mutekiinc:20170323154143j:plain

 

f:id:mutekiinc:20170323154446j:plain

 

 

啄木さん…

 

 

啄木さん、オレがんばるよ!

オレも啄木さんみたいに100年後も語り継がれるような歌人になる!!

 

f:id:mutekiinc:20170321134207j:plain

ご愛読ありがとうございました!!

藤原先生の次回作にご期待ください!!

 

 

 

(宮下くん(仮)にはフルネームは出さない条件でブログの掲載を許可していただいています。)