ニューハーフについての想い

 

『あ、きょうニューハーフもののAV見よ』ってこと、ありますよね。

 

そう、みんなあるんです。からあげクン買うぐらいの頻度であるはずなんです。


そんでこのまえ見たAVの女優がハーフのニューハーフだったんですよ。ハーフのニューハーフなんていうと混乱しますけど、文字通りそのままなのでそう表現するしかありません。そんでいまのニューハーフAV女優ってめっっっちゃキレイなんすよ。『高校時代はアメフト部だったトリンドル玲奈』っていう、いいとも!のそっくりさんカーニバルに出るとすればそんなフリップになるだろう、といったちょっとだけガタイのいい女優さんでして。ホントに冒頭のインタビューだけだとカンペキ普通のAV女優に見える。そうして見てるうちに

 

『このひとのチンポだったら舐められるかもしれない』

 

って思ったんです。

ちゃんと断っておきますけど、おれは完全にノーマル。すこしナヨっとした部分もあるにはあるかもしれないけど、平均的な男性の枠をはみだすようなことはない。決してない。それは確かだ。事実いままでチンポを舐めたことはない。

 

ただ、ただよ?ジェンダーっていうのはグラデーションだから、絶対的な指標があって、明確に区別されているものじゃない。いかようにも転びうる、危ういものだと思うんです。そしてキレイなニューハーフのチンポ舐められるかどうかって、けっこう微妙なラインじゃないですか?外見も内面もまるっきり女性で、おまたにうっかりチンポが生えてるだけ。それだったら、まあ、イケそうじゃないですか?人に尋ねる体で本当は自分自身に問いかけているような気がしますが、イケそうじゃないですか?どうなの?みんな。

 

でもやっぱり、絶対ムリだっていう人もいるでしょう。いくらかわいくても元は男。おちんちんをおペロペロするわけにはいかないと。でも本当にそうなのかな?それって変なことなのかな?胸に萌したこのワクワクは、なにかのまちがいなのかな?おれは本当にチンポをペロペロしたいのかな?

 

でもやっぱり、おれは生まれついてのチンポ舐め民族じゃない。もしナメック星の最長老に潜在チンポ舐め力を引き出してもらうようなことがあればそっち方面に振れてしまう可能性もあるかな~~?って気はするけど、でもやっぱりその程度のもん。そんで健康ランドのサウナ入ったとたんフリーザの圧倒的なパワーを目の当たりにしたベジータみたいに歯をガチガチいわすハメになるんです。結局、おれみたいな下級戦士はそんなもんですよ。

 

でもオラはワクワクを感じてるのよ。

 

例えば、広瀬すずちゃんってチンポ生えてるじゃないですか。

 

ちょっとおちついて男子!!ザワザワしない!!!!!

生えてるったって、そりゃ毎日じゃないですよ。それはちょっと期待しすぎ。たま~〜に生えてんの、月イチぐらいで。だいたい月末の金曜日は生えてる。それがおれらのプレミアムフライデー

 

そんで日本体操界期待のエース白井健三くんもチンポ生えてるじゃないですか(知らない人はいますぐググってくれ。頼む。)。

 

以上を踏まえたうえで、関口宏三宅裕司『どっち!?』って聞かれたらどうします?

 

『いまのお気持ちは~・・・どっち!?』って。

 

そしたら絶対『決めらんないよ~っ!!』って言うでしょ。YouTubeのネコのあかちゃんの動画を見てるときみたいにニヤニヤしながら『決めらんないよ~~~~っ!!!(笑)』って言うでしょ。それが人間のあるべき姿。ホメオスタシス

 

おれの『性』がこれからどう転んでいくかはわからないけど、この坂を下るとライクアローリングストーンのような気がするけど、みんな、なにがあってもずっと友達でいてくれよな!あしたは広瀬すずちゃんにチンポが生えるプレミアムフライデー!おたのしみに!!!!