読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニューハーフについての想い

 

『あ、きょうニューハーフもののAV見よ』ってこと、ありますよね。

 

ありますよね。からあげクン買うぐらいの頻度でありますよね。そのとき見たのがハーフの女優だったんですよ。ハーフのニューハーフなんて冗談みたいですけどホントなんです。そんでいまのニューハーフAV女優ってめっちゃキレイなんすよ。冒頭のインタビューだけだとカンペキ普通のAV女優に見える(しかし声とガタイはやはり男性のそれ)。そうして見てるうちに

 

『このひとのチンポだったら舐められるかもしれない』

 

って思ったんですよ。

ちゃんと断っておきますけど、おれは完全にノーマル。すこしナヨっとした部分もあるにはあるかもしれないが、平均的な男性の枠をはみだすようなことはない。決してない。それは確かだ。いままでチンポを舐めたことはない。

 

ただ、ただよ?ジェンダーっていうのはグラデーションだから、絶対的な指標があって、明確に区別されているものじゃない。いかようにも転びうる、危ういものだと思うんです。

 

そしてニューハーフのチンポ舐められるかどうかって、けっこう微妙なラインじゃないですか?外見も内面もまるっきり女性なんですよ、ただチンポが生えてるだけで。それだったら、まあ、イケるかなって思いませんか?どう?そんなことない?でもやっぱり、絶対ムリだっていう人もいるでしょうね。ヘテロセクシャルの男性のなかでも、『舐められる舐められない』は人によるんじゃないかな(『舐められない』が多数派だとは思うけど)。そしていまのおれは、そのライン上に立っている。

 

そうなると、やっぱオラ、ワクワクすっぞ!ってなるじゃないですか。まだ見ぬ自分の可能性にオラ、ワクワクすっぞ!って。やっぱオレらって、ジャンプ読んで育ってっからさ、スリルとかアドベンチャーが大好物ってワ・ケ。

 

でもやっぱり、おれは生まれついてのチンポ舐め民族じゃない。もしナメック星の最長老に潜在チンポ舐め力を引き出してもらうようなことがあればそっち方面に振れてしまう可能性もあるかな~って気はするけど、でもやっぱりその程度のもんです。そんで健康ランドのサウナ入ったとたんフリーザの圧倒的なパワーを目の当たりにしたベジータみたいに歯をガチガチいわすハメになるんです。おれみたいな下級戦士はそんなもんですよ。

 

でもオラはワクワクを感じてるのよ。

 

例えば、広瀬すずちゃんってチンポ生えてるじゃないですか。

 

ちょっとおちついて男子!!ザワザワしない!!!!!

生えてるったって、そりゃ毎日じゃないですよ。たま~に生えてるんですよ、月イチぐらいで。だいたい月末の金曜日は生えてる。それがオレらのプレミアムフライデー

 

そんで神木隆之介くんもチンポ生えてるじゃないですか。

 

以上を踏まえたうえで、関口宏三宅裕司『どっち!?』って聞かれたらどうします?

 

『いまのお気持ちは~・・・どっち!?』って。

 

そしたら絶対『決めらんないよ~っ!!』って言うでしょ。ウトウトするネコのあかちゃんの動画を見てるときみたいにニヤニヤしながら『決めらんないよ~~~~っ!!!(笑)』って言うでしょ。それが人間のあるべき姿。ホメオスタシス

 

おれのこの『舐められる舐められない問題』が今後どう転んでいくかはわからないけど、みんな、なにがあってもずっと友達でいてくれよな!あしたは広瀬すずちゃんにチンポが生えるプレミアムフライデー!おたのしみに!!!!