女の子はセックスのときに演技をしているらしい

 

女の子はセックスのときに演技をしているらしい。
今日はそのことについて言いたいことがある。

 

まずこれから述べることに先んじて、セックスのとき演技をするというすべての女性に伝えたい。

 


いつもあんがとな(照)

 


でもでもでもよ?それっておあいこじゃん?って。

いつもセックスのとき演技をしてもらってることに感謝を述べた上で言わせてもらうけど、おあいこじゃん?オレらだっておまえらの作るメシ、うめえうめえって食ってんじゃん?パッサパサの豆腐ハンバーグうめえうめえって食ってんじゃん?その事実を無視するのってフェアじゃないと思わない?

 

しかももうひとつお伝えしたいことがあるんだけど、メシがうまい女とセックスがうまい男の数って、ぴっったり一緒らしいのよ。知らなかったっしょ?おれ、このまえナショジオで見たから。ナショジオでやってたらマジだから。すごくない?生命の神秘ってカンジだよね。

 

つまりおたがいに貸し借り無し。いまから料理上手を自称していた女の子について書くけど、われわれはイーブンな立場だということをどうか忘れずにいてほしい。

 

 


その女の子はむかし付き合ってた子で、料理好きを自称していた。優れた警察犬であればこの時点で危険を察知し大きく吠えたてるだろうが、それを除けばとても気立てのよい子で、おたがい仲もよかった。

 

付き合い始めて1ヶ月ぐらい経ったころだったか、その子が手料理をふるまってくれることになった。料理好きを自称する女だ、きっと聞いたことのないカタカナの野菜を使った聞いたことのない北欧料理でも作るのだろう。

 

「藤原くんはキムチ鍋すき?」

 

キムチ鍋だった。はじめての手料理でそのチョイスもなかなかトリッキーだと思うが、よくわからん無味のオシャレ料理より、確実なおいしさが約束されているキムチ鍋のほうが1000倍うれしい。これはたのしみだとウキウキしながら部屋で待ってたり、ときどきキッチンまでちょっかい出しにいったりしたのだった。

 

しかしそこはやはり料理好きを自称する女、スーパーで270円ぐらいで売ってるモランボンとかのキムチ鍋スープを買うのは世間が許してもアタシのプライドが許さない!とばかりに、当然マジもんのキムチから鍋を作っていくのだ。料理をあまりしないおれでも、この一手を見ただけでこのキムチ鍋がおいしくなる未来はいかなる並行世界にも存在しないことがわかる。

 

そんでまあ、結局味のうっすいキムチ鍋をつつくことになったわけだが、味はともかく量が多い。白菜と豚バラは無限にチャージされるし、そのあとにはうどんが3玉控えていることをおれは知っている。おれはあまり食べるほうではないので(インターネットをやってるヤツはみんな食が細い)めちゃめちゃしんどかったが、うれしそうに鍋をおれの皿によそう彼女の顔を見ると、「うっっっめ~~~~~!!!!」(CV田中真弓)と言わざるを得ないのであった。

 

基本的に料理上手を自称する女の子は、年に1、2回しか会わない母方のおばあちゃんみたいな思考回路をしているので、ストップをかけるまで無限に料理を出してくる。注意しなければならないのはストップのタイミングである。あ、もう食べれないわ、というタイミングでストップをかけても絶対に間に合わない。なぜならこの種の女はウチの実家の二十年落ちの軽トラ(キャリィ)よりも制動距離が長いので、腹4分目ぐらいでブレーキをかけはじめないと事故ってしまうのだ。

 


彼女はその後もいろいろな手料理を作ってくれた。おいしいものも多かったし、たまにマズいのもあった。ただ共通して言えるのは量がアホほど多いということだった。

 

そんな彼女が「クリスマスはウチでステーキ焼こうよ」と言ってきた。それはとても魅力的な提案だった。第一に、オシャレなレストランを予約しなくていい。これがなければクリスマスはもうクリアしたもおなじ。ヌルゲー乙である。ステーキはクリスマスっぽいし、なにしろどうやってもマズくなりようがない。これで年々仕事が増えている真弓もクリスマスぐらいは休めるな~と安堵しながら退社し、その子の家に向かったのだった。

 

「お仕事おつかれさま~!ちょうどいま焼けたとこだよ~!」

 

 

本日の献立  牛肉ステーキ(ひとり分600g) のみ

 

 

いやスープは?サラダは?ごはんは?????

 

そんなグラップラー刃牙みたいな食事ある???

どういうセンスしてんだ。あと、あたりまえのように量が多い。いきなりステーキの300gでも吐きそうになったおれが600gなんて食えるわけがない。ブチ切れて文句のひとつでも言ってやろうかと思ったが、クリスマスにケンカして雰囲気が悪くなるのはイヤなので口に出すことはしなかった(インターネットやってるヤツは本人を前にして文句を言う度胸がない)。

 

そんでそいつは1/3ぐらい食べて「アタシもうおなかいっぱ~い(笑)たべて(笑)」と残りをこっちによこしてきた。おまえの残りのステーキ足したら計1kgじゃねぇか、そんなに食えるかアホ。

 

 


でもその子はめちゃめちゃセックスがうまかった。