最高のレジャー


AV、借りてますか?

 

いや知ってる。先生はいま知ってる上で聞いた。お前らは借りていない。

 

借りてくれ。なぜかというと、AVを借りにいくのは最高のレジャーだから。今回はライフハック記事だ。みんなの力で1500はてブぐらいつけて、この記事をはてブ年間ランキングに載せてくれ。頼む。あと先に言っておくと、この記事は読み終わるまでに2回大きく話が逸れる。

 


まずAVを借りにいく上で一番重要なのは身だしなみ。

 

おれはいまから最高の女とデートをする。そういった気持で臨むのがよいだろう。ぼさぼさ髪でジャージのままではこのレジャーを楽しみきれない。

 

まず朝シャンをして髭をしっかり剃り、そのやぼったい度のキツいメガネをはずしてコンタクトをつけなさい。そしてその上から丸レンズで細フチの伊達メガネをかける。ワックスもつけるがトップをふんわりさせる程度だ。そしてパリっとアイロンがかかったシャツに袖を通し、細身のジーンズを合わせれば完璧だ。

 

『リンネル』みたいな雰囲気が望ましい。『リンネル』は女性誌だけど、とにかくそういう、高橋一生的な感じにしてくれ。そこからがスタートだから。

 

ここまできたらもうすでにあなたはAVを借りにいく楽しさを感じはじめているハズ。ただ家でボーっとXVIDEOS見ているだけでは味わえない、この有意義な休日をココロとチンポで感じよう。

 

話は逸れますが(①)、やはりXVIDEOSで思い出すのは猪瀬元都知事ですけども、アレ、ちょう恥ずかしいよね。5000万円の模型がバッグに入らなかったのも相当に恥ずかしかったと思うんですけど、アレもかなり恥ずかしい。(知らない方に説明すると、去年の夏ぐらいに猪瀬元都知事ツイッターに上げた自身のPCの画面にXVIDEOSをブックマークしてるのが写ってしまっていて、軽く炎上?した。)

 

5000万円のときはマスコミやら都議会やら都民やら方々からツッコミがありました。そのときは

 

『入らないじゃないか!』『ウソをつくな!』

 

というような、こちらもヤジの飛ばしようがあったと思うんですけど

 

『XVIDEOSを見るな!』

 

とは言いづらいじゃないですか。やっばり、みんなXVIDEOS見てるし。自分のことを棚に上げて他人を糾弾するのって、ちょっと心理構造上むずかしい。あと、大声でXVIDEOSって言うのはやっぱ恥ずかしいし。

 

でも猪瀬元都知事としては、つっこまれたいと思うんですよ。5000万のくだりのときは、報道された絵面がちょっと滑稽に映ってしまったのもあって内外からかなりつっこまれたはずなんですが、このtwitterを中心として話題になったXVIDEOS事変に際しては面と向かってつっこまれることは少なかったはずなんです(知らんけど)。

 

つっこまれて笑いになることで場がなごむというか、罪を犯した本人の心が軽くなることってあると思うんです(当然違法にアップロードされた動画を試聴するのはいけないことですが)。だからもし猪瀬元都知事にメチャメチャ仲良しの親友(ダチ)がいたらきっといい感じにつっこんでくれたはず。傷ついた猪瀬元都知事をさらに追いつめるようなつっこみではなく、救ってあげる愛のつっこみを。

 

だからおれが猪瀬元都知事を、いや、いのっちを救ってあげたいのよ。

まず親友であるおれがいのっちの講演会に行くじゃん。

そんでその講演会でいのっちが参加者から質問を受けるワケ。

 

『政府による幼稚園無償化案についてどのような意見をお持ちですか?』

 

いのっち聞かれるわ。そしたらいのっちこう答える。

 

『無償化案はとんでもない的外れです。もしこの施策が現実のものとなればそれによって現場はさらに過酷な状況に置かれることになるでしょう。』

 

いのっち答えるわ。いのっちは頭いいから難しい質問にもちゃんと答えられる。

そこでおれが遠くの席からからヤジを飛ばすわけよ。

 

おれ『でもおまえは無償でエロ動画見てたけどな!(爆)』

 

いのっち『ちょ!おまえ、やめろや!!(核爆)』

 

会場『『『どっ』』』

 

はーーーーー最高。やっぱ友達ってイイよね!

 


話を戻します。

 

身だしなみを整えて、そこからが本番です。さっそくAVを借りにいきましょう。
ここでクエスチョンです。AVを借りるとき、どこのレンタルショップへ行くのがベストでしょうか?

 

ゲオと答えたあなたは黒柳。ツタヤと答えたおまえ、野々村。

 

そう、ここでツタヤに行ってはいけません。なぜならツタヤのAVコーナーには旧作が一切ないため、すべて新作、準新作から選んで借りなくてはなりません。旧作であれば1本100円で借りられますが新作となれば300円は超えてきますので、そのまま知らずにたくさん借りるとシールドライガー買えるぐらいの値段になってしまいます。その点ゲオには少ないながらも旧作も置いてありますので、ゲオに行きましょう。

 

他のコーナーと比べてなぜか湿度が15パーセントほど高く感じられる18禁コーナーの中に入ると、たくさんのAVがあります。ここから先はみなさんの自由。趣味嗜好にわたしから口を出すことはありません。各自好きなものを借りるとよいでしょう。何枚借りてもかまいません。先生はみなさんの独創性に期待していますよ。

 

ひとつ注意ですが、タウンページぐらい厚みのある中古AVホルダーをロボットのように高速でめくり続けるおじさんがいます(どの店舗にもいますが、すべて違う個体です)。こちらから近づいたりしなければ危害を加えてはきません。臆病な生き物なので驚かせないようにしましょう。


先生は企画モノ3女優モノ1の4枚構成ですね。基本はOLモノ、ナンパ、『SCOOP』レーベルなどが多いです。やはり企画モノは当たり外れが大きいので、安定した『MOODYZ』の女優モノも1本だけ借りてしまいます(修業が足りませんね。トホホ。)。

 


話は逸れますが(②)、なんで『SCOOP』レーベルの女優さんてあんなに小芝居うまいんですかね?演技力が妙に高くないですか?なんか『素人っぽさ』という演技というよりは、コント的な演技のうまさという意味でなんですけど。

 

例えばソープに来たらお姉ちゃんが出てきたっていう設定のAVありますよね(みんな大好きなやつだね)。そのAVで姉弟が偶然ソープで出会ったときの最初にひとこと。

 

『えっ、タクヤくんも、こういうおみせ来るんだ…(照)』

 

従来のAVであればだいたいこういうスタートになるんです。知ってる。おれ、そういうのたくさん見てきたから。でもこういうのってなんか、エロゲに出てくる血の繋がってない姉っぽいというか、ちょっとフィクション感が強い。ただこの『SCOOP』の場合は、

 

『はあ!?ちょ、タクヤ、おまえなんでこんな店来てんだよ!』

『いや自分で拭けよきもちわりーな(笑)』

『おかあさんに言ったら殺すから!』

 

みたいな、ちょっとホントっぽい距離感なんですよね。いや実際の姉弟はこんな感じではないのは知ってるんですけど、姉弟コントの距離感ていうか。ホントに理想のお姉ちゃんて感じで『こんなお姉ちゃんおくれ~~~~~っ!!!』ってポルンガがいたらナメック語で叫びたいぐらいなんですけど、それぐらい最高。

 

なんなんですかねこの演技力。みんなテアトルアカデミー出身なの?

 


話を戻します。


AVを選んだら、さっそく借りに行きましょう。

 

ひとつ気をつけなければならないのがカードの有効期限です。期限が切れているとその場で更新しなければならないのですが、AVだけを借るために免許証や住所を晒すのはハチャメチャに恥ずかしいため、うっかりすると期待に夢ふくらませたあなたのオオカミ王ロボも恥ずかしさのあまり豆助になってしまいかねません。平成最後の和風総本家カレンダーがあなたの陰茎(チンポのこと)になるのはテレ東としても望ましくないので、事前にしっかり有効期限を確認しましょう。

 

加えて、AVを借りるときはAVだけを借りる。これが鉄則です。

 

お笑いのDVDを借りてカモフラージュする必要はありません。 カウンターにAVとゲオのカードだけを置き、『一週間で。』とハキハキと対応しましょう。そうすればぽっちゃりモノ3枚・純愛モノ2枚のフルハウスというキモめのハンドで挑んでも決してビビられたりはしません。小声でボソボソしゃべってるとナメられるので、『ミートラバー』というドミノ・ピザのラインナップになぞらえたあだ名をつけられます。

 


無事にAVを借りて外に出ると眩しい太陽があなたを照らし、最高の休日のはじまりを予感させます。そのころにはもう、あなたはAVを借りることの楽しみを完全に理解できているはず。

 

自分でしっかり吟味して、お金を出して借りるという行為、そこにすべての楽しさが詰まっています。それがこのレジャーの本質なのです。観て、ヌくというのは付随的なものに過ぎません。

 

まだAVを借りたことのないデジタル世代のみんなも、いのっちみたいに最近XVIDEOSばっかりでDVDを借りに行ってないみんなも、今度の週末はゲオ南アルプス店に集合だ!